MAGAZINE STREET MINI

ローバーミニ コラム【 そう言えばミニのATフルードってどうなっている!? 編集Nコラム18】

当然、エンジンオイルとATフルードも一本化。

 調子のいいAT車に乗る機会がありました。以前、1000ccのAT車に乗ったときには、「なんだこれ、遅っ。古っ」って悪い印象しかありませんでしたが、ミニの歴史を少し勉強してみると、基本設計が50年以上も前の機械式ATながら4速ATであり、しかも各ギアがホールドできるとか「ミニって実は先進的じゃん!(当時は)」ってイイ印象に変わりました。最新のローバーミニでももう21年のヴィンテージものですから、調子いいミニに乗ると、ほんと楽しくなりますネ。

 で、いろんなショップに取材していると、どのショップでもAT車が人気だそうで、AT車でクーラーが付いてたら、初めてクルマを買う人でも問題ないよなぁ、と納得。
 さて、ミニのATもMT車と同じく、エンジンとAT、デフオイルを一本化しているんですが、「ATフルードとエンジンオイルが一緒かよ!?」と、もう一つナンジャコリャ的なイメージを持っていましたが、これはこれでよく考えてみると悪くはないのかも、と。

 ミニ以外のAT車ではATフルードの交換サイクルは3~5万km程度です。ぶっちゃけ15万km交換していないクルマもざらにあります。「そんなら普通のAT車にはフルード交換のお金かかんないじゃん!」と思われがちですが、実はそうではないんです。

 どうしてかというと、長い距離を走ったATのフルード交換にはリスクがあるんです。ディーラーでも7万kmを過ぎたら、ATフルードの交換はオコトワリされちゃうんだそうです。例えば、7万kmまで1度もATフルードの交換をしていないクルマでは、フルードを交換した際に、フルードの流れるラインに溜まっていたスラッジが剥がれてフルードラインをふさいでしまう可能性がすごく高くなるんだとか。フルードが流れないってことは、当然ATがブローしてしまうことになります。これって、人間に起こる心筋梗塞とか脳梗塞とかと同じメカニズムです。

 もっともミニの場合は、ほとんどの人が3000km程度でエンジンオイルを交換しているはずなので、逆に言えばATフルード交換とかフルード交換時のリスクを考える必要なんて全然ありません。

 ただエンジンオイル交換は、3000kmごとに1万円以上(ATの場合はMTより費用が高い)かかってしまうけれど、5万kmごとのATフルード交換の費用と車検ごとのデフオイル費用、あと3000kmごとにメンテナンスしているんだって意識があれば、トータルでは同じくらいの費用だから、「1万円オーバーはたけーよ!」とモヤモヤした気持ちの人も納得しましょうネ。

 あとAT車の場合は、オイル交換はミニ専門店でしましょうネ。エレメントからオイル漏れしやすいので、量販店での交換とかDIY交換はナシかなぁ、と思います。

初めてのMINIや若葉マークレベルの20代、女性オーナーに大人気のATミニ。中古車市場でも常に品薄状態だとか。
4速ATだから100km/h巡行も問題なし。完調なATなら、加速も結構いい。
MT車のエンジンオイルとミッションオイル、デフオイルが一本化されているように、AT車でもエンジンオイル、ATオイル、デフオイルが一本化されている。
さまざまな銘柄のオイルがあるけれど、行きつけの専門店のオススメを入れよう。AT車の方がMT車よりオイル交換費用は高めなのが普通。

編集N
自動車雑誌編集者歴30年の、カメラマン・ライター・英語翻訳・動画撮影・動画編集、そして雑誌企画制作もこなすハイパーマルチメディアクリエーター。プライベートではミニメイフェアと30プリウス、フェラーリなどを所有。

編集Nのコラム一覧はこちら


・お近くのミニスペシャルショップをお探しの方
 SPECIAL SHOP
・厳選USEDミニはここにアクセス
 USED MINI

関連記事

編集部のMINIレポート〜・・・ドアなおりました。

streetmini

紅葉のワインディングをミニ・モークで疾走!|’93 MINI MOKE【プレイバックTJ】

streetmini

精密加工で軽さと精度を追求する…|ローバーミニ インジェクション メンテ

streetmini

祝!ストミニYouTubeチャンネル登録者数500人突破!!

streetmini

決め手はキャブのドライブフィール! ブラック・キャブクーパー参上!|’91 ROVER MINI COOPER 1.3 CAB【プレイバックTJ】

streetmini

旧い紙の本には夢がたくさん 詰まっている

streetmini