STREET MINI WEB

  1. FIAボディのご紹介その2

    FIAボディのご紹介、その2です。エンジンルームやトランクなど、隠れた部分を中心にご紹介します。エンジンルームです。ピカピカの塗装が気持ちよいですwサブフレームです。これまではハイドロ用のサブフレームを使いつつラバーコーン側を加工して装着してましたが、これは正しくラバコン用。これでラバコンが普通に使えるようになりますwタワー部分のマウントは漢らしくリジットです。ハイドロ用のマウントはノーマルでもリジ

  2. TBCC 5周年記念パーティ

    Tokyo Bayside Classic Cup(TBCC)の発足5周年記念パーティが横浜で開催されましたので参加してきました。統括のF魔、いやF間さんからのご挨拶。袖ケ浦フォレストレースウェイのオーナーであり、TBCCエントラントでもある中村さんが招待されてました。お言葉を頂きます。出席率の高いメンバーや貢献度の高いクラブが表彰されました。私自身は出席率90%とMRRCを代表して表彰を受けてきました。てっきりお店の代理かと思っていたの

  3. FIAボディのご紹介その1

    ミニ修理中につき謹慎中のみくた50歳です(もういいってw)。エンジンOHの経過を書こうと思っていたのですが、FIAボディのウケが良かったのでそちらの紹介を先に書こうと思います。1964年型の850 Mk1をベースとして、三和トレーディングさん監修の元、英国のビル・ソリスさんの手によってレストア&ビルドされた個体です。三和トレーディングさんのHPでの紹介はこちらおよびこちら。ビル・ソリスさんはエンジンチューナーでもあり

  4. ボディの状態と今後のアプローチ

    ミニ修理中につき謹慎中のみくた50歳です。今回はクラッシュしたボディの状態と今後のボディ戦略についてご紹介させて頂きます。昨年12月11日のTBCCにて痛恨のクラッシュ。何度見ても心がザワザワする写真です(涙)。ほとんど正面からですが、気持ちボディのやや右側からガードレールにあたっております。ミニはFFですので当然ながらエンジンはボンネットフードの下に収まっているわけでして、平たく言うとエンジンが無事かとって

  5. 謎のトルクロスとその原因

    2018年のシリーズ戦が既に始まっておりますが、ミニ修理中につき謹慎中のみくた50歳です。ボディを修理している間にエンジンのチェックとOHもしているのですが、クラッシュのダメージ以外にもややこしい症状が出てきてしまいました。てな訳でご紹介です。いきなり本題に行かずまずは背景から。ほぼ1年間ブログをお休みしてましたので、2017年度のレース結果をご紹介できてませんが(汗)、簡単にまとめるとこんな感じになります。

PAGE TOP