タグ:GarageDOGHOUSE

  • MK1仕様スライドドア

    ミニのMK1仕様へのコンバージョンでもスライドドア化が一番費用が掛かります。理由は、上の写真のように、元々ガラスが上下する部分をきれいに埋めなければなりませんこの部分の作業方法については作業する板金屋さんによっていろいろかもしれませんが2枚目のようにドアの最上部がきれいに直線状に仕上がらないといけませんそういう理由でいわゆるはめ込み接着程度でスライドガラス化は困難です。ガラスは使わずにアクリルもしくは
  • 静かなマフラー

    おそらく、経年劣化が車種全体に及んでる証拠だと思うのだけれど、ミニの排気音が常識的なご近所レベルを大きく超えるのは既成事実となっています。そこへ来て、完全に社会的KYなオーナーが増えている為暖気と称して排気音を気にせずにエンジン掛けっぱするものだからハイブリット車も含めて静かな自動車が普通の今ではミニはどうしようもなくうるさい部類になりつつあります。とは言え、エンジン掛けたらさっさと出ていけばいいん
  • Twin Kam engine

    ミニのブロックにツインカムヘッドはピッタリ乗りますがヘッドの何ヶ所かを溶接加工する必要があります。そういう作業を行える人はいますが、自動車業界で溶接に従事するレベルには任せられません。見た目は同じでも溶接が不完全だったり、熱によるひずみを出したり、それと現行販売されてるクルマやバイクのアルミエンジンは材質的に溶接出来ないです。それだけBMWの品質が抜きん出ていると言えます。そういった職人さんの従事す
  • ミニの”外注”はいろんな事情の上に成り立ってます(涙)

    残念ながら、ミニのエンジンに関する加工屋さんへの仕事量は、フォークリフトの足元にも及びません。ですから大口の国産ディーラーやフォークリフト、大型のブレーキローター研磨など常に急ぎで持ち込まれる仕事の次にようやく合間で仕事が入ります。エンジン1台分の加工を依頼して、ようやく上がってきたのが弊社のH-beamコンロッド用にピストンをフルフローティング加工したものが帰ってきました。他にもいろいろ加工に出してる
  • 冬支度、グリルマフラー!!

    12月に入って師走となれば仕事もプライベートも何かとかまびすしいものですがそんな中、ちゃっかり冬支度のミニがおりましてもういつ寒くなっても大丈夫!だそうです。
  • やっとこさ、サフェーサーが入ります

    今日塗装屋さんに呼ばれて、「どの赤だったっけ?」とカラーナンバー(ZUZ ピュアレッドだよ)に指定に行ったらブースでサフェーサーを入れる準備中でした塗装屋さんに苦労したことを一杯聞かされて、邪魔しちゃ悪いと早々に退散月曜日には下塗りの赤っぽい色を入れて早ければ週末にピュアレッドが塗られそうですでも、ブース開けなきゃならないのでもっと早いかも。「ねえ、ルーフや前後のモールを取ってツルンとして欲しいんだけ
  • MK1仕様ダミーヒンジ

    明日からもう師走!!各種外注先は一年を通して大口取引先を優先的に行うし、同じ作業が多い顧客を優先するから、ウチなんかはその谷間に入れてもらうのでなかなか予定通り上がって来ません。今回待たされているのはアルミ溶接です。今日は昨日に続いてミニの塗装に関して確認でした。ちょうど試作品が届いていたので、考えた通りに機能するかお試しタイムです。アクリル製のスライドガラスにコンバートして巻き上げ部分が無くなる
  • ミニの鈑金塗装は、大変だ!!

    塗装屋さんに朝から電話で呼ばれて作業中の我が家のミニの、何処を塗るとか、穴埋めするとか細かな確認に行ってきました。元々赤いタータンだったわけですが、ひどい色あせや運転席ドアの交換、ドアのスライドガラス化に伴う鈑金などそれに加えてレッドで塗装する場合、先にピンクで下塗りしないときれいになりません。塗装に伴ってボンネットやトランク、ドアに関して、そりゃ新品のパネルを使えばいいんでしょうけどどんどんパネ
  • 大きく節約できるDHR製リプレースパーツ!!

    生産から20年を軽く超えたインジェクションミニのエンジン必ず経年劣化と腐蝕で交換を余儀なくされる部品があります① 燃料ポンプ② インマニのホース取り付け部分の腐蝕これまでなら、両方の修理で部品代だけで8万円近く掛かったはずですでも、DHRなら部品価格が両方で16000円ほど。ミニに乗り続ける気持ちがあるなら覚えておいて損?の無いお話です。…
  • 取説は、まとめてファイルして。アジャスト出来る速度計はやっぱり便利です。

    沢山のパーツが新しく装着されると説明書を読まないと、使い方が分かりません。電気式の速度計もそうだしDefiのリンク式ゲージもいろいろ覚えることがあります。で、たくさんの説明書はバインダーにまとめてお渡ししました。お客様は必要な事は電話でその都度お問い合わせいただければ良いので無理して読む必要もありません。とは言え、電気式スピードメーターは便利で、ホイールやタイヤサイズ、最終減速比(デフ)を換えても、正

定期購読・バックナンバー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る