MAGAZINE

新ドライバー・笠原美香、SBoM2019参戦!

スーパーバトル・オブ・ミニ2018シリーズのインジェクション・リーガルクラスを戦い抜いた編集部・白ミニくんの新たなドライバー・笠原美香が登場!

2019シリーズではインジェクション・リーガルクラスに加え、ROOKIES × U-28に参戦することになったぞ。


新ドライバー・笠原美香とは?

フレイヴ・エンターテインメント所属の女性タレント。

テレビ朝日「おはようコールABC」や「仮面ライダーW」など、バラエティやテレビドラマに出演。

BSフジのバラエティ番組にて、モータースポーツに関するコーナーに出演したことで、各種モータースポーツメディアでも活躍するようになる。

プライベートではMTの軽トラを愛車としている一方で、ミニの運転やサーキット走行の経験は今回が初めて。

 


SBoM 2018 最終戦で猛特訓!

ミニもサーキットも初めてということで、来季開幕に先立ち、最終戦に参加。

レースの雰囲気に慣れることと、ラップタイム1分30秒台を目標に、ROOKIES × U-28(予選・決勝)とスポーツ走行フレッシュマンクラスの計3本のサーキット走行をこなした。

果たして、目標タイムは達成できたのか……?


1本目:ROOKIES × U-28 予選

BestTime 1:36.617

初めてのスポーツ走行ということもあり、まずはタイムを気にせず、ミニの運転に慣れて完走を目指すことに。

タイムは1分36秒617で最後尾からの出走となったが、白ミニくんがマイルドな仕様だったためか、操作にはすぐ慣れた様子だ。

特に問題なく、無事に完走。


2本目:スポーツ走行フレッシュマンクラス

BestTime 1:27.283

 

ROOKIES予選で慣れたところで、当日スポーツ走行に参加していた998・木村選手がドライバー笠原をリード。

ベテランを追走したことでラップタイムが大幅にアップ。自力で出したタイムではないものの、筑波サーキットの攻め方は徐々に身体で覚えられたようだ。


3本目:ROOKIES × U-28 決勝

BestTime 1:25.088

最後尾からの出走となったが、バトルに巻き込まれなかったこともあり、ライバルを気にせず自分の走り方でコースを周回できた。

 

 

スポーツ走行での練習に加えて、データロガーを利用したライン取りの検証や、それを踏まえたメーター男子ことドライバー廣江からのアドバイスを受け、走りも大幅に改善。自身の力でさらにタイムを縮め、当日のベスト1分25秒088をマークした。


来季からROOKIES × U-28に参戦!

ミニと筑波サーキットに慣れたことで、SBoMのスタート地点に立ったドライバー笠原。

来季は白ミニくんとともに、ROOKIES × U-28に参戦するので、乞うご期待!

関連記事

  1. ローバー MINI 1.3 デロルトツインキャブ 
  2. 【告知】11/23(日)第1回 HOTDOGトレーニング走行会
  3. STREET MINI WEB 大規模改修のお知らせ
  4. こんなピストンを求めていた!? エンジン回転の抵抗低減と燃焼効率…
  5. WEB版「
  6. 12耐車両エンジン分解しました。
  7. AUSTIN MINI COOPER 1275S STYLE
  8. 電力を抑えて光量アップ「壊れないミニ用LED」が さらなる進化を…
PAGE TOP