STREET MINI WEB

ブリタックスミニをモチーフに、落ち着いた印象に仕上げたオトナ仕様

’96 ROVER MINI COOPER 1.3i

ゼッケンサークルに数々のステッカーで彩られたボディは、レーシングカー然としているものの、モノトーンでまとめられたカラーリングで落ち着いたイメージでまとめられており、なんとも不思議な印象を受ける。

「いまから20年ほど前に、2台のミニに乗っていました。当時は両方とも赤いボディだったのですが、今回は落ち着いた色合いにしようと思って、白いミニを探していました」と語るのは、オーナーのSさん。

Sさんは中学時代、ミニに興味を持ったことがきっかけで、クルマ好きになったという。ミニを降りてからは、プジョーに乗っていたり、ロードバイクを日常の足としていたそうだが、クルマが必要になったことで、再びミニを探し始めたのだそうだ。Sさんが愛車に出会ったのは、埼玉県入間市のキッズカンパニーだ。

「最初に見つけたときは、ルーフがボディ同色の、オールドイングリッシュホワイトでした。納車整備に合わせてドレスアップもしようと思ったので、再塗装を依頼してモノトーンに仕上げました」

Sさんによれば、愛車は生活の足として日常的に乗っている一方で、休日には峠で走りを楽しんでいるのだという。また、以前ミニに乗っていたときにはなかったSNSでもミニオーナーと交流しており、最近は互いに誘い合って、ツーリングにも出かけるようになったという。久々にミニの世界に帰ってきたことで、新しいカタチのミニライフを楽しんでいるようだ。


締まりがあるブラックを基調にすることで、レーシーでありながらも、やんちゃさを感じさせない仕上がりに。


インダッシュクーラーはあまり使わないため、思い切って外そうか検討中。


音楽はもっぱらBluetoothスピーカーを使用しているとのこと。


足もとに配したヒールプレートが、スパルタンなアクセントとなっている。


コブラのローバックシートは、新品で用意したという。


ホイールは深リムのワタナベ6J。


レーシングスタイルの定番、砲弾型フェンダーミラー。


ブリタックススタイルをイメージしてステッカーチューン。色味を落とすことで、派手すぎない落ち着いた印象に。


ブラックで統一されたインテリアに、メッキのシルバーがよく映える。


ステアリングはナルディクラシックのレザー&シルバースポーク。


エンブレム、グリルはMkIIIで統一。グリルはSさんご自身で塗装。


Owner:Sさん

Sさんはかつて、スプライトとMkIIの2台のミニを乗り継いできたカムバック組。中学時代にミニがきっかけでクルマにはまったことから、この度、原点回帰したという。

関連記事

  1. フューエルポンプヒューズ切れ
  2. 【カスタム天国/No.1】’93 MINI CABR…
  3. カスタム天国 TOP 5 発表
  4. トラックデイ締め切りとなりました
  5. ミニで楽しむ等身大スタイル
  6. クラシックミニメンテナンス 〜ノブステアリングその1〜
  7. ブロンズイエローが美しい徹底仕上げのMkIIIスタイル
  8. 第 3 回 TRACK DAY
PAGE TOP