STREET MINI WEB

燃費計算するミニモニ!

ミニはアナログなクルマといわれるが
実は現代の眼差しで眺めても非常にハイテクなパーツが採用されている。
それはインジェクション化されたミニに搭載されているECUだ。
このECUにはミニのあらゆるライブデータが集積し
それをコントロールするとても優秀なコンピュータ。
もし何かの異常や不調が発生すると、ライブデータに数値として現れるのだ。

ディーラー無き現在、ECUのライブデータを独自に解析し
ミニ診断機「ミニモニ」を開発したのがリッチーハウザーテクノロジーズ社の代表、家入精次氏だ。
プログラマーでありミニ乗りでもある家入氏が
今回新たに開発したのがミニモニの発展モデル「ミニモニ スピード」。
ミニモニの「エンジン回転数」、「マップセンサー」、「水温センサー」
「吸気温度」、「スロットル開度」、「バッテリー電圧」、「アイドルスイッチ」「
O2センサー」、「ショートタームフューエルトリム」の9項目のライブデータ表示に加え
燃料計、速度計、燃費消費計、トリップメータが装備された「ミニモニ スピード」。
従来モデルよりも小型化しつつ、昼間でも見やすい有機ELディスプレイを採用。
ミニモニがさらに便利に楽しく進化した。

 

開発者 家入精次さん
リッチーハウザーテクノロジーズ社代表の家入精次氏。
こよなくミニを愛する情熱のプログラマー。
クラシックギターやベースを弾くポプコンつま恋本選OB。


“SPEEDO 2″画面は日常使うことを想定した画面。
大きく「現在速度(km/h)」、その右に小さく「最高速度」。
下段は、左に「クーラント温度(水温)」で設定温度を超えると
ビープ音とともに数字が点滅する。右下には燃費表示(km/L)。

燃費画面。(km/L)上段→リアルタイム燃費下段→平均燃費(トリップメーター毎)。


ガソリン消費量画面。(トリップメーター毎)下には設定したガソリン単価(円/L)から計算した金額が出る。
ちょっとしたタクシーお遊びができる。


1分あたりのガソリン消費量を表示。
(cc/min) リアルタイム値。下に流れるバーグラフも表示される。


ここから mini-moni MINI と同じように、ECUからの情報の画面になる。
“MINI-MONI 1” から “MINI-MONI 5” まで、全10項目の内容を表示。
mini-moni MINI の全項目に
プラス “COIL CHG”(コイルチャージ us:マイクロセカンド)が新たに追加。


最初の画面。”SPEEDO 1″”SPEEDO 2″と同じく日常使うことを想定した画面。
大きく「現在速度(km/h)」、その右に小さく「最高速度」。
下段は、「走行距離 (km)」(トリップメーター毎の値)及びオドメーター (km) を表示。
オドメーターは99万キロまで表示可能。


もともとは整備用ツールとして開発したもので
ミニのECU特有のインジェクション信号パターンを精密に解析できるセンサー。
そのため非常に正確に測定できる。
また、インジェクションのカプラを中継する形で取り付けるため
もともとの配線を加工(痛める)する必要がない。

 

関連記事

  1. テムズガレージー東京・中野区
  2. CLASSIC MINI パーツカタログ直販します
  3. いまさら聞けないミニのアレコレ。12
  4. 知らないと損! 保険の話
  5. クラシックミニメンテナンス 〜ノブステアリングその2〜
  6. フューエルポンプヒューズ切れ
  7. kid’s company
  8. エンジン作製その5
PAGE TOP