STREET MINI WEB

「羊の革」を被った走り屋スペックのキャブレターミニ

   ROVER MINI 1.3 “Cab-SPORT”

一見すると、さわやかなサーフブルーだが
わずかに黄色が加えられたことで
ヘリテイジよりもどことなく落ち着いた色味に仕上がっている。
この魅力的な雰囲気を漂わせているミニは
今年3月に納車して間もないという、Oさんの愛車だ。

存在感がある深型のフォグランプに、角型のさざなみグリル
内装のダッシュクーラーがボディ同色に塗装されていたりと
どことなくおもちゃを思わせるような、可愛らしいスタイリングだ。
しかし、Oさんによれば、このミニを手にした決め手はほかにあるという。

「以前はアルファロメオでサーキット走行を楽しんでいましたが
筑波のイベントでミニを見かけたことがきっかけで
『ミニで走りたい』と思うようになったんです。
それで『走れるミニ』を探していたところ
キッズカンパニーさんで、このミニを見つけました。
ボディカラーや10インチ化された足まわりも気に入っていますが
決め手になったのはストレートカットのMTと、クイックシフトですね」。
Oさんによれば、ミッションのほかにも
SUのツインキャブとハイリフトロッカーも搭載した走り屋仕様に仕上げられており
そのスタイリングも相まって、まさしく「羊の皮を被った狼」との印象を抱いたという。
キャブの吸気音とストレートカットの駆動音は
走りを感じさせるポイントとして、特にお気に入りのようだ。

そんなOさんは、手にしたばかりのミニで峠のドライブを楽しんでいる一方
ファーストカーとしても日常的にミニを走らせているという。

「ゆくゆくはサーキットで走りたいとも思いますが
普段はこのクルマで買い物に行ったり
息子の保育園への送り迎えもしているので
過激なカスタムには迷いがありますね。
これ以上、手を加えてしまうよりも
息子が免許を取るまで大切に維持していきたいと思います」。

 

関連記事

  1. クラシックミニメンテナンス 〜オルタネーターその2〜
  2. いまさら聞けないミニのアレコレ。
  3. やっとここまで仕上がりました!(^^)/
  4. 《 e-MINI CHALLENGE Round 4 本日開催 …
  5. アルミドアスキンが入荷
  6. 【お知らせ】「TJ神戸」のご応募について
  7. クラシックミニメンテナンス 〜ワイパーその2〜
  8. e-MINI CHALLENGE® 1st Trial の PV…
PAGE TOP