STREET MINI WEB

プチ再生 〜その2〜

ミッションをチェックすると予想以上にダメージが!?

エンジンに続いてミッションをチェック。
おそらく、大きな問題はないだろうとタカをくくっていると……
中に残ったオイルとともに、大量の鉄粉&金属片が!
入念にチェックするべく、ミッション解体へ。

シンクロリングのツメを見ると
カドが摩耗しており、艶が出ている。リング裏側にも
削れたことによるスジがところどころ見える。

デフの噛み合わせを見ると、ピニオンギアのカドから「バリ」と
呼ばれるせり出した金属ができている。
ファイナルギアにも、小さな摩耗跡がそこかしこに見える。

ボールベアリングを中心に、消耗パーツは新品交換。
ファイナルギアは交換に合わせ、ギア比3.4に変更。
プレス機を規定圧に合わせ、ボールベアリングを圧入。

組み付けたギアが規定のクリアランスを確保できているかチェック。
ギア類は最初の噛み合わせで負荷がかからないよう、
グリスアップされている。
新品のギアが取り付けられる場合
ギアのカドを『面取り』してバリの発生を抑える。

関連記事

  1. 【カスタム天国/No.10】 ’96 ROVER M…
  2. 仕事も日常使いもデイリーにこなせるヴィンテージスタイル
  3. 最終限定モデルをベースに仕上げたレーススタイル
  4. エアコンファンサーモセンサーが再入荷
  5. シリーズ…
  6. いまさら聞けないミニのアレコレ。27
  7. モトリタレザーステアリング14インチ(デモ出品中)
  8. 【既刊情報】いまこそ読みたい「AT特集」ほか
PAGE TOP