STREET MINI WEB

いまさら聞けないミニのアレコレ。8

歴史のことやモディファイのこと……。

ミニに関する基礎知識はたくさんあるけれど

実はよくわかっていなかったり

ちゃんと考えたことがないことってありませんか?

そんないまさら人に聞けない疑問に

編集部お答えします!第8弾

 

当時の最強チューナーは?

ダウントン・エンジニアリング

 英国ウィルトシャー州のダウントンにて創業したチューニングショップ。

創始者のダニエル・リッチモンドがチューニングしたミニが高く評価されたことで

BMCよりエディメイヤーとの共同で

クーパーSのパワートレインの開発依頼を受けることになった。

(なお、クーパーは主にシャシーの開発をおこなっていた)

その後も、ダウントンチューンのミニはワークスカーとして

国際ラリーやレリーで活躍を見せ

製作したCパーツはミニオーナーから注目を集めた。

 

アーデン・エンジニアリング

クーパーやダウントンと同じく

ミニのモータースポーツシーンに大きな影響を与えたチューナー。

その傾向は過激なものが多く

エンジン特性を大きく変えてしまう8ポートのクロスフローヘッドは

ワークスマシンへの採用にとどまらず

BMC純正のCパーツとしても発売された。

また、レース活動では970ccエンジンを+29ccボアアップ

マグネシウムピストンと燃料噴射、さらに8ポート化したクーパーSで

’69年の英国ツーリングカー選手権を制覇しているが

そのマシンスペックは9500rpmで115psと、やはり過激な仕様だった。

関連記事

  1. 「e-MINI CHALLENGE® 」のロゴを作成しました!
  2. 人生初のマイカーにクラブマンエステートをチョイス!
  3. 本年もよろしくおねがいいたします
  4. オーナーと不思議な縁で結ばれたミニ
  5. いまさら聞けないミニのアレコレ。17
  6. 憧れはスポーツパック! ロー&ワイドなツインインジェクションミニ…
  7. 【facebookでブログが見れない】解消方法
  8. 知っておきたいパーツ解説【ケントカム(kentcams)】
PAGE TOP