STMコレクション STREET MINI

オースチンミニクーパー|スペシャルな走りを満喫できる完成度が高いクーパーSスタイル!【STMコレクション】

Owner:Hさん
国内外のクルマ20数台を乗ってきたHさんだが、「電子制御ではなくドライバーの技量で走りを楽しめるミニの面白さは特別」と語る。歴史があるクルマはこだわり処が多くて楽しい、というHさんなのだ。

 OEWの美しいクーパーS Mkllスタイルは、Hさんの愛車。今までに国内外のクルマを20数台乗り継いで来たという自他ともに認めるクルマ好きのHさんだが、ミニはこれが初めてなのだとか。2年前に知人から購入されたというこのミニだが、少し視線を近づけてみると、内外装からエンジンまで隙がなく手が入れられていることが分かる。聞けば、もともとこのミニは、高知県のスペシャルショップ「メカドック」の中村代表が仕上げてクルマだそうで、中村さん自身の愛車だったのだとか。なるほど納得。

 ベース車両は’82年式のミニ1000。外装は時代的な整合性を考慮したパーツが惜しみなく奢られており、オールドミニの雰囲気がセンス良く再現されている。機関系に目を向けると、搭載されたチューニングエンジンがこれまた秀逸で、1000ccエンジンに1100ccのクランクシャフトを入れて+60サイズのフラットピストンで1150ccにボアアップ。ヘッドは1300ccのクーパーチューニングヘッドを搭載。ハイリフトロッカーアームにともない、ブロックはバルブ逃げのためのリセス加工&11本スタット加工が施されている。このエンジンにクーパーSのヘリカルクロスミッションをケース加工して取り付けられており、ノーマルでは味わえないスポーティなレスポンスを実現しているのだ。

 そしてさらに、よりパワフルな走りを求めるHさんのために、同時点火システムにチューンされており、存分に走りを楽しめる仕様となっている。

内装はニュートン製の生地に張り替え。シートはハイバックリクライナーのレッドカラーに交換されている。
ノーマルエンジンでは物足らないHさんのために、メカドックの中村さんが製作してストックしてあったチューニングエンジンに転換されている。これにクーパーSのヘリカルクロスミッションが組み合わされている。ちなみに、中村代表が乗られていた時にはさらに過激?だったそうで、1430㏄にチューニングしたエンジンにミッションはストレートクロス&LSDに交換、キャブはスプリットウェーバーがセットアップされていたそうだ。
SHOP DATA
10Feet Wonder 
tel.072-895-7977
http://www.10feetwonder.com 


・お近くのミニスペシャルショップをお探しの方
 SPECIAL SHOP
・厳選USEDミニはここにアクセス
 USED MINI

関連記事

祝!ストミニYouTubeチャンネル登録者数500人突破!!

streetmini

中古車販売の売り文句「新車以上のコンディション」の屁理屈的だけど本当の理由。【編集N ローバーミニ コラムVol.21】

streetmini

中古車販売の売り文句「新車並み」「新車同様」「新車以上」ってどんな感じ!? 【編集N ローバーミニ コラムVol.19】

streetmini

ローバミニ メンテ|特集 魅惑のキャブ vol.03

streetmini

ローバミニ メンテ|特集 魅惑のキャブ vol.02

streetmini

ローバミニ メンテ|特集 魅惑のキャブ vol.01

streetmini