MAGAZINE STREET MINI プレイバックストミニ

ローバーミニ 中古車【再生ミニ】まるで新車のようなミニの実例

初めてのミニはMk-Iスタイル
キッズカンパニーの再生ミニ!

Owner:Fさん
Fさんは趣味で革製品をハンドクラフトして様々なイベントで販売している。バッグや財布、キーケース、携帯ケースなど、クラシカルなミニにとっても似合う。通信販売はしていないが、気になる方は、インスタグラムID レザー☆noriをチェック。

AUSTIN SEVEN Mk-I Style

 これが初めてのミニというFさんのローバー・ミニ・クーパー1・3iは、オースチン・セブンMk-I仕様。サザナミグリルと淡いブルーグレーのボディがいい雰囲気で、ここまで仕上げるといくらかかるんだろう!? と、撮影中、ずっと気になっていたのだが、聞いてびっくりのお値打ち価格だった!
F
「埼玉のキッズカンパニーに電話して、予算200万円でローバー・ミニ・クーパーを探していると伝えたところ、150万円でキレイなのができます、というので、次の週末にはキッズカンパニーで注文してました(笑)。
 しばらくして見つかったローバー・ミニ・クーパー1・3iは、ボディがボロボロでエンジンは載っているけれど内装がないというコンディションで一瞬不安になりましたが(笑)、これがどのくらいキレイになるんだろうと思うと逆にワクワクしてきました。
 ボディの塗装色を決めるときは作業に立ち合って、塗料を何度も調合して作ってもらいましたし、出来上がったブルーグレーはすごく似合いましたネ。そしてすべての部品が取り付けられると、内装と外装ともに納得のコンディションとなりました。
 エンジン周りはノーマルですが、すでに煙を吹いていたので、納車後にシリンダーヘッドを無償で交換してもらいました」

 写真を見てもらえばわかるように、フルレストアしたとか思えないこのコンディションが150万円でゲットできるなんて、キッズカンパニーの「再生ミニ」おそるべし!

 またFさんは、ミニを所有するのは初めてだけれど、昔からミニ好きで知識を蓄えていたため、カスタム&ドレスアップも予算の許す範囲で好みのものを取り付けた。

 それらを羅列してみると、エクステリアはオーバーフェンダーを取り外したナロースタイル、クーパータイプのアルミホイールにクロームキャップ、ドアにはルーカスミラー、Mk-Iガスキャップ&トランクハンドル、ヘッドランプにはバルブをLEDに交換したルーカススリーポイントなど。
 インテリアでは、ブラックを基調としたセンターメーター&タコメーター、センターキーキットにモトリタウッドステアリングという具合。当然のようにクーラー付きだ。

 乗ってみると、最初のコンディションからは信じられないくらいなんの不安もなくキビキビと走るから、Fさん、晴れた週末にはミニをドライブするのが楽しくて仕方ないそうだ。


キッズカンパニー

TEL.04-2963-5518
http://kidscompany.boy.jp/

・お近くのミニスペシャルショップをお探しの方
 SPECIAL SHOP
・厳選USEDミニはここにアクセス
 USED MINI

関連記事

ローバミニ メンテ|特集 魅惑のキャブ vol.03

streetmini

ローバミニ メンテ|特集 魅惑のキャブ vol.02

streetmini

ローバミニ メンテ|特集 魅惑のキャブ vol.01

streetmini

ローバーミニ本来のフィーリングを知りたくてオリジナルコンディションにこだわった【STMコレクション】

streetmini

ローバーミニ中古車【再生ミニ】まるで新車ミニ実例

streetmini

ローバーミニを楽しんでいる人たち【編集Nコラム】

streetmini