STMコレクション STREET MINI

ローバーミニ カスタム|さりげなく盛り込まれたオリジナリティで唯一無二のスタイリングを実現

’98 ROVER MINI 1.3i
“Classical Free style”

ダイヤモンドホワイトのパリッとしたボディカラーが印象的なこちらのミニは、Nさんの愛車だ。Nさんによれば、このミニを迎えたのは1年ほど前。その当時はMkIII仕様に仕上げられていたことで、センターメーターやローバックシート、10インチの足まわりに惹かれて手にしたのだという。

「自分が好きな要素がそろっていたので購入いたしましたが、実をいうと、◯◯仕様といった、型にはまったスタイリングはあまり好きではありませんでした」。

そこでNさんは、京都市のスペシャルショップ「DIMPLE」の藤井代表に相談。Nさんは過去にアーモンドグリーンのミニを所有しており、当時からモディファイやメンテナンスを依頼していたとのことだ。

一見すると定番仕様の内装にも数々の工夫が凝らされている。

「当時乗っていたミニは、自分がポール・マッカートニーが好きだったこともあり、彼の愛車でもあったラドフォードミニを真似て、Bピラーにサイドマーカーを取り付けていました。このミニも、もともとはMkIIIタイプのサイドマーカーが付いていましたが、当時使っていたモノと同じモノに交換しています」。

フェンダーに装着された丸型のサイドマーカーをよく見ると、一般的なモノよりもリムが大きく、少し変わった印象を与えてくれる。また、内装のセンターメーターにはダッシュパネルの裏面にLEDを仕込むことで、個性の演出だけでなく、夜間の視認性向上にもひと役買っている。さりげなくもポイントを押さえ、工夫を凝らすことで、唯一無二の1台に仕上げられているのだ。

あえてMkIII仕様から脱却すべく、もともとMkIIIタイプが付いていたグリルは、高年式のノーマルグリルに交換。
リアシェルフには大ぶりなブレーキランプを装着することで、安全性も確保している。
ミニと併せて自転車のカスタムも楽しまれているNさん。写真は’80年初頭に生産されたブリヂストン・ワンタッチピクニカをベースに、オールペンと革張りを施して、ご自身のカラーに染め上げている。

Owner:Nさん
かつて所有していたミニも、同じように自由なカスタマイズを楽しんでいたというNさん。その後、数々のクルマを乗り継いできたが、もっとも思い入れがあるクルマとして、再びミニを手にしたという。

CAR SHOP INFO

DIMPLE
075-495-1132
http://www.kyoto-dimple.com


・お近くのミニスペシャルショップをお探しの方
 SPECIAL SHOP
・厳選USEDミニはここにアクセス
 USED MINI

関連記事

見慣れた道もミニで走ると楽しい!そんなクルマはミニだけ!|’96 ROVER MINI COOPER 35th  ANNIVERSARY【プレイバックTJ】

streetmini

編集部のMINIレポート〜・・・ドアなおりました。

streetmini

紅葉のワインディングをミニ・モークで疾走!|’93 MINI MOKE【プレイバックTJ】

streetmini

精密加工で軽さと精度を追求する…|ローバーミニ インジェクション メンテ

streetmini

祝!ストミニYouTubeチャンネル登録者数500人突破!!

streetmini

決め手はキャブのドライブフィール! ブラック・キャブクーパー参上!|’91 ROVER MINI COOPER 1.3 CAB【プレイバックTJ】

streetmini