カテゴリー:st.MINI NEWS

  • エンジン作製その5

    完成に近づいてきたエンジンですが、このポート側の顔を見ていると思うところがありまして。こちらは998用の9FAブロックです。ブロックの背面に2枚、メンテナンス用のハッチがあります。左側にはブローバイを抜くための煙突が付いている黒い部分です。いわゆる「チェスト」と呼ばれる構造です。薩摩隼人ではなくタンスの意味ですが・・・タンスの引き出しみたいに見えるためでしょうかw 998用の9FAブロック、そしてクーパーS用の
  • 1300用オリジナルピストンのご紹介

    1300 +20  オリジナルピストンボアサイズ71㎜(1300用+20ピストン)【特徴】低・中回転域の燃焼効率を上げる為のディッシュデザインピストンリングは耐久性とフリクション低減を両立させる為にトップ1.0㎜セカンド1.2㎜オイル2.4㎜の厚さのものを採用。メーカーは日本ピストンリング(NPR)スカート部にはフリクション低減とシリンダー保護を目的に潤滑性の高いセラミックコーティングを施工ピストンピンは純正と同径の為純
  • エンジン作製その4

    エンジン作製編その4、ヘッド編です。Brett Sims(ブレットシムズ)製のヘッドを選択しました(こちら)。チューニングヘッドで有名なリチャード・ロングマンの技術を継承しているそうです。当初はノーマルヘッドをベースにP師が丸っと削り出す予定だったのですが、ビッグバルブを使おうとするとバルブ配置をオフセット加工する必要があるとのことで、最初からオフセット加工されているヘッドを購入してそこにさらに手を加えるこ
  • エンジン作製その3

    エンジン作製編その3、ミッションその他です。昨年末のクラッシュを機会にエンジンを開けたところ、ドロップギアのベアリングが砕けておりました。SBoM第2戦あたりからトップスピードが出なくなっていたのですが、おそらくコレが原因です。というかこの状態で年末まで走り続けてましたからね、トラブルが他に波及しなくて良かったと心から思います。ギアが暴れたおかげで軸穴も削れて広がってしまいました。このままでは使えない
  • ローバーミニ シフトエクステンション

    シフトノブがこっち向いてるのが可愛いwwシフトエクステンション(黒)をつけてみました。チルトシフトしてくれて1速かなり入れやすくなりました。調整ナットを下(シフト側)につけるのか上(ノブ側)につけるのか悩んだけど、本体ねじったらベストな位置で止まったので上で調節。シートポジションが後ろになって、渋滞とかで楽になりそう。でも、フェンダーミラーが遠くなった?オーバーテイクミラー欲しいけどベンチレーター付けてる
  • カムの簡易点検

    OH時カムを再使用する時はカム山の簡易点検を行っています。中古としてストックする物は点検結果からランク付けしていおきます。話は変わりましてm(__)mオリジナルピストンの方ですが到着が遅れております。もう間もなくの予定ですのであと少しお待ちください。ブログ更新もピストンのお披露目に合わせてと考えていたため記事が止まっておりました(^^;申し訳ありませんでしたm(__)m…
  • ローバーミニ ハブベアリング他 交換修理 [ショップ]

    最近走り出して10分、20分たったら右タイヤ付近からイヤな音が・・。スピードに比例して 「 ザッザッザッ 」 と何かが擦れてる感じ。ブレーキかなーとタイヤ外して見てみてもよくわからんので3連休初日に 「 RITLIFE 」 さんに持ち込み。走ってもらったら、すぐ 「 ハブベアリングだねー。 水入ったかな? 」 と。確かに、ゲリラ雷雨に襲われて轍の水巻き上げながら走った記憶アリマス。そのままお預けしてお忙しい中作業して
  • エンジン作製その2

    エンジン作製編その2、ムービングパーツの選定および組み込み編です。こちらが今回のチューニングで主役になる方々です。スーパーテック製鍛造ピストン。ミニのチューニングで一般的なφ73.5mmではなくφ73.0mmを選びました。理由はブロックのシリンダー間の壁の厚さ確保です。先日の記事でご紹介した通り、1300ccブロックでボアアップする場合にはダブルオフセットなる技まで駆使して極限までボアを広げるわけですが、その結果シリ
  • Miglia 仕様のボディシェル!!

    UK Endaf Owens に制作を依頼していた Miglia 仕様のボディシェルは、8 月にイギリスを出発し、先週、三和トレーディングに到着いたしました ! 真っ白に塗装された Miglia 仕様のフロント & リアサブフレーム、がっちり室内を守るロールケージ、各所に補強が施されたボディ・・・これからお客様にお渡しする準備に入ります。ありがとうございます。三和トレーディングFBから…
  • オイルクーラー交換

    前回、イグニッションコイルを交換した際、オイルクーラーからオイルが漏れているのを発見。よく見るとホースジョイントの根元にクラックが入っていました。主治医の所で見つけたので、クラックをハンダで埋めてもらい、上からコーキングしてもらいました。これで直ったかと思ったら、見えない後ろ側から漏れてきました。これは一回オイルクーラーを外して補修しないと無理という事になり、この日は時間切れ。後日行うことに。オイ

定期購読・バックナンバー

月別アーカイブ

ページ上部へ戻る