MAGAZINE

ミニの初級から中級メンテナンス ーオイル交換編ー

前回はこちら メンテtop

初級 ・オイル関係はユーザーが比較的簡単にできる
オイルレベルチェックと抜き方&フィルターの交換要領
オイルレベル(量)のチェックも冷却水と並んで基本中の基本。オイルは基本的には消費するものではないが、ミニの場合、エンジンのクリアランスが大きめであることからある程度は消費する可能性が高い。
また、どこからかオイルが漏れている可能性もあるので、こまめにオイルレベルをチェックしておくことが大切だ。
オイルレベルが低かったらヘッドカバーのフィラーキャップを外して補充する。またオイルは定期交換が必要で、ミニの場合一般的には3000km での交換を薦めているところが多いが、これは走り方やオイルの銘柄でも異なる。
ここではドレン(抜き取り)の要領とオイルフィルターの交換方法の要領を簡単に紹介しておく。

85b-01.jpg
オイルレベルゲージはいったん抜いてふき取り、再び差して抜いたところで見る。オイルの付着がゲージのH とL の間にあればよいが、H 寄り、すなわち多め正常が好ましい。

85b-02.jpg
オイルが足りないようならヘッドカバーのフィラーキャップを外してオイルを注入する。プッシュロッドタイプなのでオイルがすぐに落ちないから、ゆっくり注入する。

85b-03.jpg
オイル交換の詳細はここでは扱わないが、ドレンボルトの位置だけは確認しておこう。

85b-04.jpg
このドレンボルトをレンチでゆるめて抜き取るとオイルがでてくる。燃えるゴミで廃棄できる受け皿も市販されているので、自分でできる作業だ。

85b-05.jpg
オイルフィルターを外す専用器具。フィルター側の角に合わせたレンチ状になっている。高いものではないので個人で持っていてもよいだろう。

85b-06.jpg
専用器具をフィルターにかぶせ、中央の穴にレンチの棒を差し込み回してフィルターを外す。

関連記事

  1. やっとここまで仕上がりました!(^^)/
  2. Miglia 仕様のボディシェル!!
  3. MINI CLASSIC style
  4. STREET MINI vol.36 8月号 絶賛発売中!
  5. リモート…
  6. 扇風機新調 その2
  7. AUSTIN SEVEN UK used car
PAGE TOP